組合の設立から外国人技能実習生の受け入れまで行政書士と人材コンサルタントがサポート!

事業協同組合設立サポートセンター

運営:行政書士法人ガルベラ・パートナーズ
   司法書士法人ガルベラ・パートナーズ
   株式会社アセアン・フォーカス(ガルベラ・パートナーズグループ)

総合受付 東京事務所

03-5405-2815

大阪事務所

06-6535-8828

福岡事務所

092-477-2025
営業
時間
9:00〜18:00
(土日祝は除)

外国人技能実習制度のメリット

近年、日本では若者の離職率が非常に高くなっています。
学びたい・働きたいという強い意志のある外国人を技能実習生として採用してみてはいかがでしょうか。
 

受け入れ期間は3年間(※最大で5年間)、1年毎の受け入れですので実質、受け入れ人数枠の3倍の外国人実習生が日本の企業で技能を学ぶことになります。
2年目以降は、先輩実習生が後輩の指導も出来ますので、効率化も図れます。

日本政府は専門性の高い外国人を積極的に呼び込む政策を採っており、人材会社が外国人技能者を正社員として雇用し、企業に派遣する整備が整ってきました。
アジアの理系学部出身の大学を卒業されている技術者は待遇改善が見込めるため、日本企業で働きたいという外国人も多く、需要が大きいと判断しています。


外国人技能実習生を受け入れるにあたり、社内のルール化や作業手順のマニュアル化が必要です。
この見直しを行うことにより、従来の社員にも思わぬ仕事の効率化が望めます。
社内全体に「教える」または「情報の共有化」といった企業文化が育ち、仕事に対する意識のレベルアップが効果として表れます。
さらに、外国人を受け入れることによって考え方のグローバル化、異文化に対する理解が深まります。
将来、海外進出するきっかけに繋がる、または海外企業とのパイプ作りになるかもしれません。

企業による国際貢献

日本の技術や技能、知識を企業にて修得した技能実習生が帰国後、母国にてそれらを活用し、母国の発展に貢献することは、企業にとって大きな国際貢献といえます。

雇用の安定・定着

近年、日本は企業の大きさに関係なく、人材不足や若者の離職率が非常に高くなっています。
日本人を雇用した場合、「求人しても応募がない、または定着率が悪く、すぐに離職してしまう」などの問題が生じますが、外国人技能実習制度を利用する場合は、実習計画に基づいた技能実習や就業場所で、計画的・継続的配置が可能です。

職場の活性化・生産効率の向上

外国人技能実習生は若く、向上心が非常に高いので、他の社員に良い影響を与えます。
また、技術習得が早く、意欲的に作業に取り組むため大幅な効率の向上が期待できます。

企業内の国際交流・国際理解の促進

企業内にて、様々の国の方が働くことになるため、企業内の国際交流・国際理解が実現します。

国際ビジネス・海外展開の実現

面接による海外への訪問や外国人技能実習生と接することで、新たな海外展開をイメージしやすくなることも大きなメリットだと思います。
帰国した外国人技能実習生との人間関係や外国人技能実習生からの現地の情報を活用し、企業の国際ビジネスや海外展開に役立てることもできます。

事業協同組合のお問合せ

お問合せはお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

総合受付 東京事務所
03-5405-2815

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ガルベラ関連サイト

特定技能・登録支援機関
サポート

特定技能在留資格申請、受入れ機関(企業)への外国人社員の受入れサポート、登録支援機関申請サポート

外国人雇用と就労ビザ

就労ビザの基礎知識や在留資格の疑問点などのお悩みをご解決

アジア就職転職
サポートセンター

香港・シンガポール・タイ・ベトナム・中国・台湾など東南アジアの日系現地法人に海外転職をご希望の方のための総合サイト

外国人採用支援.com

企業のための採用支援
外国人の紹介や人材派遣